本文へスキップ

株式会社ウレシン
営業時間平日 10:00~18:00 お問合せ


AC100 UV紫外線100%カット&遮熱フイルム 






こんな
 
お悩み
  ありませんか?


通期、日中、
日差しの影響で
UV紫外線による日焼けが
気になるため、、、

カーテン、ブランドを下して部屋が暗い景観台無し...


ガラスから差し込む
暑い日差しの影響で、、、
エアコンの
電気代がさらに
がる...











現在、UVカットフィルムを
貼ってあるのに
な ぜ か

ジリジリ
...
 ↓↓↓


こで
低コスト!

メンテフリーの
AC100フィルム!

UV紫外線
100%カットフィルムで

かもくない!
(冬は暖かい)

全て解決!






※ パンフレットA4 PDFは こちら→





AC100
(UV紫外線100%カット遮熱フイルム)は、オフィスビルの窓・ホテル・高層マンション、店舗等のガラス面に施工する事で

従来の高級グレードの99%UV紫外線フイルムを超える

UV100%カットが可能な次世代型フィルムです!










1)わずか1%の紫外線UVを跳ね返すAC100!

◆Only 1% difference.


紫外線UVお肌天敵....

UVを気にするばかりカーテンやブラインドで暗いお部屋....

99%UVカットで安心できますか???

Q:1%くらい
 変わらないでしょ?
  ↓↓↓
A:No!
  
この% で
     
けます!
     ↓↓↓



 ↓↓↓
99%UVカットでも...
実は、
けてるの
ご存じですか


⑤ わずか1 % の 差 で こんなに焼けてる動画!

 ↓↓↓

※ 画像をクリック・タップすると
YouTube
動画が再生します。



⑥ AC100は、UV遮断率、

100%カットを達成
している!



⑦ しかもAC100は、窓ガラスになじむ驚きの 透 明 度 !
※道路交通法におけるフロントガラス透過率70%を軽々クリア!




⑧ AC100で日焼けの天敵、UV紫外線を気にせず安心!カーテン不要!
    ↓↓↓





⑩ 景観を損ねず、日差しを気にしないで明るいお部屋と

貴 方 笑 顔





2)暑くない !!! 100%遮熱!誰でも体感!

◆The room does not get hot.


① 誰でもAC100を体感されると
全員温度変化
実感
してしまう
 

② 赤外線照射、60秒後に.......


 60秒間 赤外線照射後 
ガラスにAC100
UV100%
フィルムカット

 ガラスに
通常のフィルム




1.5
しか上昇せず
 12.4
上昇
温度差、実に
10.9




③ 暑さの原因は、太陽光に含まれるIR赤外線!

④ AC100は、このIRを広い範囲で徹底に遮断!

⑤ だから、窓から入る日差しのジリジリとした
暑さを極端に低減!!窓ガラスに貼るだけで驚くほど涼しい室内!

⑥ AC100は、IR赤外線を徹底遮断、室温上昇を抑え、エアコンの効率が上がり、
高騰する
電気代
最大
30%削減大幅抑制が期待!

温度差、最大


⑦ 赤外線照射によるUV100 の

涼しい
暑くない

※ 実力検証動画!

 ↓↓↓
※ 画像をクリック・タップすると
YouTube
動画が再生します。





3)フィルム施工による温度変化の実測レポート

◆Actual measurement result.


(1)UV100%カットフィルム施工部屋の室温上昇抑制の検証
①今回、弊社フィルム施工有り部屋(16F-033)と未施工部屋(16F-034)において双方の室温が、どのように変化するかを6月10日~7月10日の期間、効果測定を実施。温度の経時変化測定器具、データロガー装置を室内に設置、収集したデータの結果を以下にて報告致します。

②検証方法:
・直射日光が当たり、空調機からの冷風に直接さらされないデイスプレイ裏に温度センサーデータロガーを設置。



(2)測定結果について

① 弊社フィルム施工有り部屋(16F-033)の窓側については、
温度
低い!
すでにご担当者様は、現場にて体感済み。

② 弊社フィルムの特徴である赤外線99.9%カット(紫外線は100%カット)の効果により、結果は、ガラスを通過する熱エネルギー赤外線IRが極端にカットされた影響であると容易に推測される結果となった。


※ グラフ1


※ グラフ2


※ グラフ3


※ グラフ4



③ フィルム(16F-034)の部屋は、窓側温度、グラフ1から、
急激気温上昇した。
また、直射日光が降り注いだ日は、空調機の冷房能力が追いつかず、均衡から外れ、
29.5℃
(有りは27.2℃)
まで室温が急上昇した。

⑤これは、環境省が推奨している室温28℃を超えている。

⑥一方、フィルムを施工した部屋有りは、
27.2と快適な温度であり、
その差は、約2~3℃!
他の測定日も、フィルムの施工、有・無で窓側の温度差が、2℃強~3℃弱ある日が複数日あり、計測データより、確認出来た。

⑦AC100 (紫外線UV100%カットフィルム)のフィルム施工の有・無により、更に急激温度差拡大し、
フィルム未施工は、昨年より、大幅な電気料金の負担が想定される。




4)他社製品との温度上昇比較実験

◆Temperature rise comparison experiment.


・USA GOVより太陽光の照射エネルギーをグラフ化

※ 太陽光の光は、赤外線・可視光線・紫外線となります。赤外線は、太陽光の42%、波長は780nm~3000nm。







赤外線機器を使用した各遮熱フィルムの温度上昇比較実験結果 ½

温度比較データ1分間で終端温度の差から比較

実験の実験結果を下記URL、ユーチューブ動画で確認できます。
https://www.youtube.com/watch?v=mkzhmDheMFs



赤外線機器を使用した各遮熱フィルムの温度上昇比較実験結果 2/2

住@3M社のカット率が13に対して53.8%とした場合、
弊社フィルムが84.6%。
住@3M社、対比でも66.6%、
歴然とした差が発生しました。






5)節電金額の試算例

◆Calculation of power saving amount.


窓ケースを詳しく計算するためには多くのパラメータが必要です。これには、ガラスの熱伝導率(U値)、窓ガラスの太陽放射熱取得率(SHGC)、そして窓が直射日光にさらされる具体的な時間などが含まれます。

一般的な住宅用の二重窓ガラスのU値は約2.0 W/m²・K、SHGCは約0.76とします。ただし、これらの値はガラスやコーティングの種類により異なります。

まず、ガラスを通して伝わる伝導熱の計算から始めましょう。U値と室内外の温度差を掛けることで計算できます。

室内の温度を25℃と仮定すると、計算式は次のようになります。
Q_cond = U_value * Area * ΔT
= 2.0 W/m²・K * 1 m² * (35℃ - 25℃)
= 20 W
次に、太陽放射による熱取得量を計算します。夏の昼間、直射日光の強度はおおよそ1000 W/m²とします。
そのうちガラスを通過する部分を計算すると

Q_rad = SHGC * Solar_intensity * Area
= 0.76 * 1000 W/m² * 1 m²
= 760 W

したがって、窓全体を通過する熱量は伝導熱と放射熱を足したものになります。

Q_total = Q_cond + Q_rad
= 20 W + 760 W
= 780 W

これは、780ワットが1時間持続すると仮定すると、780ワット時間、すなわち0.78キロワット時間
(kWh)を意味します。

最後に、電気料金を計算します。1 kWhあたり20円とされているため

Cost = 0.78 kWh * 20円/kWh
= 15.6 円

この計算は様々な仮定に基づいていますので、実際の熱負荷やコストは異なる可能性があります。特に、室内と室外の温度差や窓ガラスの特性、日光の強度、そして日光が窓に当たる時間など、多くの要素が影響を及ぼします。

平米数☓15.6円=外部より熱量が到達しているという事になりますので、後は単純計算です。

9平米として9☓9=81☓15.6=1,263.6円分日中に日光のエネルギーが入ってきているので、
1,263.6円☓365日=461,214円/室になります。

次に、太陽放射による熱取得量を計算します。夏の昼間、直射日光の強度はおおよそ1000 W/m²とします。

そのうちガラスを通過する部分を計算すると、この部分が、1平方メートルで1000Wつまり1kwという意味です。

1日200万円くらい。
6200万円/月の分の熱量がまどから入っている。
何も窓にない状態で、全体の利用している電気料金の2割程度が相場です。






6)熱貫流率

◆Heat transfer coefficient.


 熱貫流率とは、壁の両側の温度差を1℃とした場合に1時間当たりに1m²を通過する熱量のことです。 単位はW/m²・Kです。 数値が小さいほど熱を伝えにくいです。

 遮蔽係数とは、3mmの透明板ガラスの透過、及び再放射による室内流入熱量を1.00として、太陽光線の流入熱量を表す数値です。 遮蔽係数の数値が小さくなるほど日射熱をよく遮ることを意味し、外気の熱が室内環境に与える影響が小さく、省エネルギー効果が高いことを表します。

 日射の室内に注ぎ込む割合を日射熱取得率と呼び、小さいほど遮熱性能が高いことを意味します。





7)フイルム性能の数値

◆Film performance.






8)総合案内動画

◆Comprehensive guide video.







9)エアコンの推奨設定温度、電気代について

◆Recommended temperature settings for air conditioners.

 エアコンは最も一般的な冷暖房機器として、多くの家庭で広く使用されています。環境省では、快適性を損なわない範囲で省エネルギーを目指すために、室温を夏季28℃、冬季20℃とすることを推奨しています(設定温度ではありません)。

また、エアコン設定温度を
1℃ 緩和した場合の消費電力量は、

冷房時 約13%、

暖房時 約10

削減されると見込まれています(※)。

(※)環境省ページリンク先はこちら→ → →


① 節電レポート




10)パンフレット

◆Product Guidance.


① A4版 両面パンフレットは、こちら→




11)「今なら!」UV&温度変化を
無料体感出来ます!

◆Demonstration.


 お客様の窓の一部にフィルムを貼付けて(仮止め)
その場スグ
・温度の体感が
無料で出来る!

・UV紫外線100%カットを目視出来る!
・無料デモ施工を実施しております!


無料デモ施工!お気軽に お 問 合 せ ください!




12)価格

◆Price.


1、見積もりは、現地にて調査と施工箇所のサイズ測定が必要です。
2、設計施工価格は、1m当りの材工参考価格は、19,800円(消費税は含まれていません)。
3、設計施工価格は、施工面積が50m以上の場合に適用。50m未満の場合は別途割増となります。
4、以下の場合には、別途費用が発生します。
①ガラス面の汚れを除去、又は、ステッカーや飛散防止フイルムの剥離作業。
②高所作業等で足場を必要とする施工。
③大型備品の移動や通常に加えて特別防水養生。
③夜間限定の施工を実施の場合。
④施工場所が遠隔地。
⑤その他、通常標準の施工条件以外。

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。






AC100!UV紫外線100%カットフィルムで二酸化炭素排出削減!





バナースペース